義母と娘のブルース最後の奇跡とは!?新幹線のチケットに何が!?

義母と娘のブルース奇跡

綾瀬はるかさん主演ドラマ『義母と娘のブルース』が最終回を迎えました。

原作の最終回とはまた違うよさのある最終回でした。

でも、最後の最後で、綾瀬はるかさん演じる亜希子と上白石萌歌さん演じるみゆきが、『奇跡』と言ったシーン。

いったい何が奇跡なのか、一瞬だったのでわからなかったのでは?

そこで何が奇跡だったのか紹介します。

 

スポンサーリンク




『義母と娘のブルース』最終回の奇跡とは?

ドラマ『義母と娘のブルース』最終回で、亜希子(綾瀬はるかさん)は、大阪へ、みゆきは一人暮らしを始めるべくアパートに向かいます。

そこで、なぜか大阪に向かったはずの亜希子がみゆきの新しい部屋に。

いったい何事かと思ったら、亜希子は新幹線のチケットをなくし、みゆきが持っていないか確認しに来たのでした。

けっきょく新幹線のチケットは、亜希子が持っていた本の間にはさまっていたのをみゆきが見つけるのですが、新幹線のチケットを見た亜希子が

「奇跡?」

とつぶやきます。

新幹線のチケットが映ったのが一瞬すぎて、何が奇跡かわかりませんでしたよね♪

新幹線のチケット

亜希子が「奇跡?」と言った新幹線のチケットは、

  • 3月16日
  • おおわし 123号
  • 4号車56番C席
  • 東京(12:34発) ↔ 東京(12:34着)

だったのです。

つまり、

『東京を12:34に出発して、東京に12:34に到着する切符だった』

ということです♪

それ、もはや乗る意味がないチケットでは?

ってところが『奇跡』でした♪

いや、そんな切符、発券しないでしょ!

っていうツッコミは置いといて♪

 

さらに、

チケットのナンバーが

  • NO4321
  • R7777
  • 発見番号:12345-67
  • 発券駅:123新東京駅GBMS5(ぎぼむす)(5-ブ)
  • ちけぷら発券

と連番が続きます♪

奇跡の意味

亜希子が最後に「奇跡?」と言ったのは、同時刻に出発して到着する新幹線のチケットを持っていた、ということもそうですが、

大阪に出発したはずの亜希子がチケット通りみゆきの部屋に到着していた

っていうことが奇跡じゃないですかね♪

乗車券代14,450円が無駄になってますが(笑)

 

あと、7777は、『義母と娘のブルース』1話の冒頭、良一(竹野内豊さん)がジュースを2本買って、2本とも7777のあたりを引いてたシーンもありましたね♪

感想

ドラマ『義母と娘のブルース』最終回の最後に最後に起こった「奇跡」。

これは、亜希子(綾瀬はるかさん)の大阪行きを考え直すきっかけになったかもしれませんね。

もちろん、すぐにチケットを買い直して大阪に旅だったかもしれませんが(笑)

何だか含みがあって、味のあるラストでしたね♪

 

 

スポンサーリンク




見逃した時は?

もし、『義母と娘のブルース』最終回を見逃した場合は、

  • 見逃し配信
  • Paravi(パラビ)
などで見れます。

Paraviのくわしい視聴方法については、下のページで説明していますので、よかったら参考にしてみてください♪

『義母と娘のブルース』最終回に起こった奇跡を確認したい時なんかに利用してみてください。

とくに、Paraviは、今ならドラマ『義母と娘のブルース』1話~最終回まで一気に見ることができますよ♪

⇒義母と娘のブルース(ぎぼむす)動画最終回視聴方法

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です