絶対零度3最終回(10話)あらすじ感想(ネタバレ注意)視聴率まとめ

絶対零度シーズン3最終回あらすじ感想視聴率

沢村一樹さん主演ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~(シーズン3)』最終回(10話)のあらすじと感想を紹介します。

ドラマ『絶対零度シーズン3』最終回(10話)のあらすじのほか、感想も紹介しますので、ネタバレ要素も。

ネタバレがイヤな人は見ないでくださいね。

 

無料で見る方法

 

もし、『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』を見逃したら、無料で見る方法がありますよ♪

しかも、1話~最終回まで見る方法♪

良かったら試してみてくださいね♪

⇒『絶対零度3』最終回(10話)動画無料視聴方法

 

『絶対零度3』最終回(10話)あらすじ

それでは、まず、『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』最終回(10話)のあらすじを紹介しますね。

井沢(沢村一樹さん)は、誘拐ビジネスを手掛ける犯行グループに拉致された山内(横山裕さん)の救出に向かう。するとそこに、ベトナムで死んだはずの桜木泉(上戸彩さん)の姿があった。桜木はすでに犯人たちを倒して拘束していたが、なぜか井沢に銃を向ける。「あなたは、ミハンに組み込まれた人間?」。桜木は憎しみのまなざしで井沢にそう告げると、現場から立ち去る。

井沢は、桜木がミハンを知っていたこと、彼女の上司だった長嶋(北大路欣也さん)が資料課を探っていたことに触れ、何か知っているのか、と東堂(伊藤淳史さん)に尋ねる。すると東堂は、新たな危険人物を表示する ― それは、『桜木泉』。

死んだと偽装し、日本に潜伏する彼女は、いったい誰を殺そうとしているのか!?

桜木泉を捜査することになったミハンチーム。すべての発端はベトナムにある。ベトナムへと向かった井沢と山内は、桜木の事件を担当した元刑事のグエン(フォンチーさん)に接触する。

捜査していく中で、桜木は、証券会社社員の谷口正博(斉藤祐介さん)を追っていたことがわかる。谷口は、日本からベトナムに赴任した同社の支店長とその娘、由紀子(桜井ユキさん)を爆発物を使って殺そうとしていた。谷口を射殺してそれを食い止めたのが、井沢の妻の元同僚だった刑事・赤川武志(須田邦裕さん)だった。

だが事件後、赤川はホテルの屋上から転落死し、その翌日、桜木も失踪していた。

謎が深まるなか、ミハンと桜木の意外なつながりが浮かび上がってきて……。

 

引用:https://www.fujitv.co.jp/zettaireido/story/index.html

 

『絶対零度』最終回(10話)の感想

それでは、次に『絶対零度~未然犯罪潜入捜査』最終回(10話)の感想を紹介します。

ただ、感想だけにネタバレになりますよ!!

まだ見てない人や、あらすじ以上の内容を知りたくない人は読まないでくださいね!!

私の感想

まずは、『絶対零度シーズン3』最終回(10話)を見た私の感想を紹介しますね。

ゼロケース

『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』最終回(10話)を見た感想のまず第一は、『ゼロケース』っていう可能性があったか、っていうこと。

なるほど!!

これで、桜木泉(上戸彩さん)がコソコソ捜査していたことも納得できますし、桜木泉が「ミハンに組み込まれた人間」っていった意味が分かりましたね。

最終回冒頭のセリフですが、どういう意味?って思いましたが、最後まで見ると、たしかにミハンシステムに組み込まれてる・・・って感じですね・・・。

その意味は、まさに組み込まれてる、って言ってもいいほど。

なんせ、ミハンシステムのために妻子を殺されて、今度は自分がミハンチームに参加しているんですから・・・。

宇佐美の存在

『絶対零度3』最終回(10話)で、宇佐美(奥野瑛太さん)が誰の指示で井沢(沢村一樹さん)の奥さんと子供を殺したのかわかりましたね。

それにしても、よく井沢は宇佐美を殺しませんでしたね。

宇佐美は、とっくに組織を抜けて、殺し屋になってたんですね。

答えがわかれば簡単な話ですが、妻子を殺した犯人が目の前にいて、それでも殺さなかった井沢は、ただ感情的なだけでなく、冷静に判断できる人物だったんですね。

東堂の罪

『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』最終回では、東堂の罪が明らかになりましたね。

前回、井沢(沢村一樹さん)が、東堂(伊藤淳史さん)に向かって、東堂の正義を信じてる、って言った意味が分かりましたね。

つまり、正義を貫いて、誰かを傷つけたのはわかってるけど、あなたが信じた正義を信じますよ、って意味ですよね?

具体的にはわからないけど、俺の妻子の死に関わってるなら、それなりの理由があるんだろうな、って迫った場面でもあったのかな?と。

それが最終回にやってきましたね。

東堂が、井沢に銃を差し出すシーン。

前回の前振りですね。

でも、その場面で井沢は・・・。

ちょっと飛躍しますが、やっぱり井沢は誰も殺してない、って思う場面でもありました。

井沢の良心

『絶対零度3』最終回の一番大事な場面。

井沢(沢村一樹さん)が、ミハンシステムを利用して、警察庁長官に登りつめようとしていた町田(中村育二さん)を追い詰めたシーン。

いや、それ、撃っちゃうだろ、って思うシーンですが、何とか思いとどまりました。

ここ、普通だったら撃っちゃうパターンですよね?

撃ってドラマ終了、ナレーションで最後は終わるパターン。

もしくは、井沢の復讐が果たせた、で終わるパターン。

でも、『絶対零度3』は、そんな簡単に終わらせません(笑)

明らかに続きを作る気満々ですね♪

井沢をいい者で終わらせました♪

映画化は?

キレイな終わり方で終わった『絶対零度3』。

キレイだけど、ミハンシステムの都築とか、東堂(伊藤淳史さん)の医師は誰が引き継ぐのか?とかいろいろ気になる部分を残しましたね。

ということで、気になるのは続編か映画かの話。

今のところどちらも出てませんね。

まあ、『コードブルー』は映画化成功しましたけど、その前の『CRISIS』は映画化の話があったのに、ポシャったみたいですし…。

『コンフィデンスマンJP』の映画化の話もありますし。

個人的には『絶対零度』の映画化は望みませんが、続編は見たいですね。

ストーリーっていうか、脚本も良かった、沢村一樹さんの演技も最後はピッタリだった、ってことを考えると、変な映画より、やっぱり続編がイイですね♪

ただ、今度は、上戸彩さん復帰かも。

そして、沢村一樹さんが脇役。

そういうドラマもありかもしれませんね♪

みんなの感想

『絶対零度』視聴率推移

では、次に『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』の視聴率推移を見てみましょう♪

  • 第1話・・・10.6%
  • 第2話・・・9.6%
  • 第3話・・・10.8%
  • 第4話・・・11.7%
  • 第5話・・・10.4%
  • 第6話・・・10.6%
  • 第7話・・・10.3%
  • 第8話・・・10.0%
  • 第9話・・・11.3%
  • 最終回・・・10.8%

『絶対零度シーズン3』は、2話以外ずっと視聴率2ケタ台をキープ。

前作の『コンフィデンスマンJP』の平均視聴率が、8.9%

その前の『海月姫』の平均視聴率が、6.1%

『絶対零度』の視聴率がどれだけよかったかがわかります。

『コンフィデンスマンJP』も『海月姫』もおもしろかったので、『絶対零度』は、いろんな人に受けたドラマってところでしょうか?

内容もよかったですし。

※視聴率引用:ビデオリサーチ(関東)

まとめ

『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』最終回(10話)のあらすじと感想、全話視聴率を紹介しました。

『絶対零度』最終回は、沢村一樹さんの迫真の警察庁侵入シーン。

そこからの目力演技。

すべての謎を解いて終わってくれたのでスッキリでした♪

あとは、南(柄本時生さん)と板倉(田中道子さん)の恋の結末が残っちゃいましたが(笑)

二人の恋路はさておき、上戸彩さんがどうなるかも気になりますね。

そのあたりは続編に期待しましょう!!

無料で見る方法

 

もし、『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』を見逃したら、無料で見る方法がありますよ♪

しかも、1話~最終回まで見る方法♪

良かったら試してみてくださいね♪

⇒『絶対零度3』最終回(10話)動画無料視聴方法

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です