獣になれない私たち(けもなれ)8話あらすじ感想・視聴率

獣になれない私たち8話感想視聴率

新垣結衣さん・松田隆平さん主演ドラマ『獣になれない私たち(けもなれ)』8話のあらすじ・感想・視聴率を紹介します。

ドラマ『獣になれない私たち(けもなれ)』8話のあらすじ、私の感想、みんなの感想、そして視聴率を紹介しますが、感想があるだけにネタバレな部分も。

まだ見てない場合は注意して下さいね。

まだ見てない場合は?

 

『獣になれない私たち(けもなれ)』8話をまだ見てない場合は、視聴方法を紹介しますので、そちらを参考にしてみてください♪

 

⇒獣になれない私たち(けもなれ)8話動画無料視聴

 

スポンサーリンク




『獣になれない私たち』8話のあらすじ

まずは、ドラマ『獣になれない私たち(けもなれ)』8話のカンタンなあらすじを紹介します。

面接に来る朱里

京谷(田中圭さん)と別れた晶(新垣結衣さん)は、ものが言えない自分を変えるため、職場でも変わることを決意。

そのために、退職願をいつも胸に入れて仕事をはじめた。

そんな中、SEの佐久間(近藤公園さん)が、退職を決意し、社長の九十九(山内圭哉さん)にその旨を伝える。

一緒にやってきた九十九は、何とか佐久間を引き止めようとするが、佐久間から、経営者に向かない、という一言を言われ落ち込んでしまう。

そんな九十九に晶は、業務改善の一環としての人員補充を確認するが、気のない九十九は生返事でOKする。

早速応募があったことを知った晶は、面接の行うことに。

しかし、面接に来たのは京谷の元カノ・朱里(黒木華さん)だった。

自分が働いていることを知って面接に来た朱里の神経を疑う晶だが、朱里は、晶がいるなら何とかしてくれる、と面接を受けに来たのだ。

応募してきた人物を見極めようと九十九も顔を出すが、晶の知り合いとわかると、即採用を決めてしまう。

逮捕の連絡

そんな中、監査の応援に来ていた恒星(松田龍平さん)は、社内で不正しているものがいる、と内部通報してきた人物から、どうして動かないのか、と責められる。

恒星の抵抗にあい、顔を見られたくない男は急いでその場を立ち去る。

そんな時、叔父から電話が入る。

恒星の兄・陽太(安井順平さん)が、酔っ払いから財布を盗もうとしたところを警察に捕まった、というのだ。

急いで警察に向かう恒星。

起訴するかどうか決まるまで恒星の事務所で陽太を預かることに。

事務所についた二人だが、陽太は、恒星の目を盗み、すぐに逃走してしまう。

兄を探しに出た恒星だが見失い、代わりに道であった晶に事務所番をお願いする。

けっきょく兄は見つからず、事務所で恒星は、晶になぜ兄が嫌いになったか理由を話し始める…。

朱里の出社

そして、朱里の初出社の日。

朱里は、寝坊して遅刻してしまう。

晶は、12時出社ということにして、とりあえず出社させようとする。

しかし、12時を過ぎても朱里は出社しなかった。

そんな時、佐久間が変な女がいる、というので見てみると、毛布にくるまった朱里が廊下で座り込んでいた。

あきれる晶だが、エンジニアが不足しているので、朱里にエンジニアの仕事をとりあえず振ることに。

すると、そこに京谷が来社する。

取引の契約書を渡すためだ。

九十九が低頭し出迎えるが、京谷が来たことで朱里は急いで身を隠す。

しかし、九十九に言われ、晶がお土産を渡そうとした時、朱里が奪い、京谷にお土産を渡す。

朱里が晶の会社にいることに驚く京谷だが、九十九がいたので、何も言えずその場を立ち去る。

京谷の驚いた顔に笑いあう晶と朱里。

見つかる兄

その夜、晶はいつものように5tapへ。

すると、そこに京谷が現れる。

京谷は朱里と仲良くなっていることに驚くが、最後に、晶に、恒星と付き合うのか?と質問し、晶を呆れさせる。

一方、恒星のもとには監査に入っている会社の内部通報者が、恒星の事務所まで現れた。

恒星は、ただの監査だから、横領を問い詰める立場にない、と言って断る。

京谷と別れ、帰宅する晶は、帰り道、陽太が恒星の事務所前でたそがれているのを見かける。

晶は、機転を利かせ、三郎が働くラーメン屋に陽太を誘う。

そして、三郎は恒星に連絡。

陽太は諦め、恒星の元に戻ることに。

その時、陽太はラーメン屋で、晶から3万2千円と小銭を貸してくれ、とお願いする。

端数まで指定した金額を貸してくれ、と言ってきた陽太が気になる晶だが…。

橘カイジ

翌日、恒星は、外出するふりをして、陽太がどこに行くかつける。

すると、陽太は、晶から借りた金を現金書留で誰かのもとに送っていた。

気になった恒星は、叔父と、陽太の別居中の妻に連絡することに。

すると、毎月、家賃分の3万2千円が贈られていることが確認できた。

しかし、陽太の行方を知った妻は、お金の代わりに離婚届を送ってくれ、と頼むのだった。

その夜、恒星は5tapで1人で飲んでいた。

タクラマカン斉藤(松尾貴史さん)と話す恒星だが、そこに話に割って入ってくる人間が。

その男は、自分を橘カイジだ、と名乗る。

打ち合わせをすっぽかしたことを謝るカイジ。

そして、恒星が呉羽から聞いていた通りの人だ、と話す。

妻と再会する陽太

ある日、恒星のもとに電話が入る。

検察からだった。

恒星は、何も言わず陽太とタクシーに乗りこみ出かける。

検察に行くものと思っていた陽太だが、タクシーは埼玉に向かっていた。

行先が不安になった陽太が、恒星に確認すると、陽太の家族のもとに向かっている、という。

家族にあわせる顔がない陽太は、タクシーを止め降りてしまう。

追いかける恒星は、家族に会おうとしない陽太を責める。

さらに、お互いの過去のことを言い争いケンカになってしまう。

しかし、お互い言いたいことが言えた恒星と陽太は、陽太の家族のもとに。

離婚届を要求した妻も、娘と一緒に陽太と抱擁する。

妻もずっと帰りを待っていたのだ。

ゲームをする晶と恒星

兄を送り届け、帰ってきた恒星のもとに、晶が、恒星と陽太がやっていたというボードゲーム『生き残り頭脳ゲーム』を買って現れる。

陽太が去ったことを告げると、二人は恒星の事務所で一緒にゲームをすることに。

酒も進み、晶はそのまま寝てしまい、恒星はベッドまで晶を運び寝かしつける…。

『獣になれない私たち』8話視聴率

続いて、ドラマ『獣になれない私たち(けもなれ)』8話の視聴率を紹介します。

他の夜9時~11時の間のドラマとの比較表を紹介します。

8話の視聴率はアップされ次第、更新します。

 

秋ドラマ視聴率推移8話

※引用:ビデオリサーチ社(関東圏・世帯・リアルタイム)

※平均視聴率は、単純平均です。

(文字が小さいと思いますので、拡大してみてください)

  • 第1話・・・11.5%
  • 第2話・・・8.5%
  • 第3話・・・8.1%
  • 第4話・・・6.7%
  • 第5話・・・8.3%
  • 第6話・・・10.0%
  • 第7話・・・8.6%
  • 第8話・・・9.9%

『獣になれない私たち(けもなれ)』8話の視聴率は

9.9%

でした。

後半になっておもしろくなってきたので、当然の結果ですね♪

平均視聴率を10%台に乗せるには、残り2話を14%出さないといけないので、きびしくなってきましたが、夜10時台のドラマでは健闘してるほうじゃないでしょうか。

同じ10時台のドラマでは『大恋愛』が現在平均視聴率9.6%

『今日から俺は』が9.4%

『獣になれない私たち』が9.0%と負けていますが、前半のもたつきと4話の日本シリーズで放送時間変更が痛かったですね。

残り2話で視聴率が下がることは考えにくいですから、どこまで伸ばせるかですね。

スポンサーリンク




『獣になれない私たち』8話の感想

では、続いてドラマ『獣になれない私たち(けもなれ)』8話の感想を紹介します。

『獣になれない私たち』8話の私の感想

まずは、『獣になれない私たち(けもなれ)』8話を見た私の感想を紹介します。

橘カイジ初登場♪

名前だけは、『獣になれない私たち(けもなれ)』がスタートしてからずっと出ていた、呉羽(菊池凜子さん)の夫・橘カイジ。

ようやく、その姿が見れました(笑)

橘カイジ役は、お笑い芸人の飯尾和樹さんでした。

呉羽が結婚相手に選んだので、てっきり松田龍平さん、田中圭さんレベルのイケメンが出てくると思いきや、まさかの飯尾和樹さん(笑)

完全に意表をつかれましたね。

しかも、キャラが軽い(笑)

すべてにおいて意表をつかれてしまいました(笑)

京谷のダメっぷり…

『獣になれない私たち(けもなれ)』8話では、仕事で晶(新垣結衣さん)と会った京谷(田中圭さん)が、朱里(黒木華さん)も同じ会社で働いていることにビックリしたのか、その夜、5tapで晶と再会しましたね。

ただ、別れた恋人に最後の質問が、恒星と付き合うのか?って、それ聞いちゃダメな質問じゃないの!?って思っちゃいました^_^;

その前まではよかったんですが…。

6話で、「かわいくない」って言ったセリフも京谷の株を下げましたが、最後の晶への質問で、京谷がプライベートでは小っちゃい男だとわかっちゃいましたね。

これで、晶と京谷がよりを戻すパターンがなくなったのでは?

帰りを待ってたんだ…

『獣になれない私たち(けもなれ)』8話では、行方不明の構成の兄・陽太(安井順平さん)が警察に捕まって、行方がわかりました。

陽太が毎月、家族に家賃だけは送ってたって聞いて、心配はしてるんだ、と思ったんですが、妻が、離婚届を送ってほしい、と言った時には、やっぱりそうだろうなぁってみてて納得。

しかし、陽太が帰ってきたのを見て、抱き合って喜ぶってシーンは感動させられましたね。

落として上げる、っていう黄金パターンにやられました(笑)

スポンサーリンク




『獣になれない私たち』8話のみんなの感想

続いて、『獣になれない私たち(けもなれ)』8話を見たみんなの感想を紹介します。

まとめ

新垣結衣さん・松田龍平さん主演ドラマ『獣になれない私たち(けもなれ)』8話のあらすじ・感想・視聴率を紹介しました。

ドラマ『獣になれない私たち(けもなれ)』8話は、とうとう橘カイジが登場しましたね。

予想外のキャストにキャラで完全にやられましたが(笑)

だんだん距離が近くなる晶と恒星も続きが気になりますね♪

ただ、今回は、兄弟の話が一番でしたか。

朱里が一緒に働くとんでもない展開も、兄弟の話にやられましたね。

盛りだくさん過ぎて、おもしろい、というより、ちょっと消化不良気味ですが…。

まだ見てない場合は?

 

『獣になれない私たち(けもなれ)』8話をまだ見てない場合は、1話から一気に無料で見る視聴方法を紹介しますので、そちらを参考にしてみてください♪

 

 

⇒『獣になれない私たち』見逃し動画無料視聴法

 

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です