獣になれない私たち(けもなれ)7話あらすじ感想・視聴率

獣になれない私たち7話感想視聴率

新垣結衣さん・松田隆平さん主演ドラマ『獣になれない私たち(けもなれ)』7話のあらすじ・感想・視聴率を紹介します。

ドラマ『獣になれない私たち(けもなれ)』7話のあらすじ、私の感想、みんなの感想、そして視聴率を紹介しますが、感想があるだけにネタバレな部分も。

まだ見てない場合は注意して下さいね。

まだ見てない場合は?

 

『獣になれない私たち(けもなれ)』7話をまだ見てない場合は、視聴方法を紹介しますので、そちらを参考にしてみてください♪

 

⇒獣になれない私たち(けもなれ)7話動画無料視聴

 

スポンサーリンク




『獣になれない私たち』7話のあらすじ

まずは、ドラマ『獣になれない私たち(けもなれ)』7話のカンタンなあらすじを紹介します。

恒星の作り話

ある日、晶(新垣結衣さん)と恒星(松田龍平さん)は、立ち飲みバーで飲むことに。

晶は、先日、恒星が持っていた大金のことを尋ねます。

すると、恒星は、粉飾決算にハンコを押す代わりに受け取った金で、脅されてしょうがなくやっている、そして、ケリをつけるため爆弾を製造し、破壊する、と映画の話のようにごまかします。

どこまで恒星が本気かわからない晶。

家の前にいる朱里

そんなある日、晶が仕事から帰ると、朱里(黒木華さん)が晶のアパートの玄関前で寝ていました。

盗んだ千春からの荷物と5tapでの代金を返しに来たのでした。

起こして帰そうとする晶でしたが、終電も終わっている時間でタクシー代もない、ということから家に泊めることに。

翌日、晶は仕事に行こうとしますが、朱里は全く起きようとしません。

そこで、合いカギを置いて出社することに。

監視されるスタッフ

ツクモクリエイトでは、九十九(山内圭哉さん)が設置した監視カメラのせいで、松任谷(伊藤沙莉さん)と上野(鳥飼貴丈さん)らは限界に。

監視カメラの設置されていない会議室で一息つく始末。

そんな中、京谷(田中圭さん)の会社とのプレゼンを行うことに。

晶(新垣結衣さん)は、松任谷と上野の会議室での愚痴を聞いて、二人にプレゼンを任せることに。

京谷のフォローもあり、二人は何とかプレゼンをやりきることができました。

朱里、再び5tapへ

その夜、朱里は、晶が帰宅する前に5tapへ。

そこには恒星がいましたが、朱里が京谷の元カノだと気づいた恒星は、不幸の背比べだと突き放します。

すると、朱里は飲んでいたビールを恒星にひっかけ、店をあとにします。

晶が家に帰ると、朱里は毛布にうずくまって小さくなっていました。

晶は、朱里の分のお酒も買ってきて、二人で話をします。

お互い似た者同士だと、晶は言います。

京谷との出会いの順番が逆だったら、自分が朱里のようになっていたかもしれない、と。

そして、京谷の理想の女性を演じていた、とこぼします。

翌日、晶が起きると、朱里はすでに家を出ていました。

父親の介護

週末になり、晶は、京谷の実家に向かいます。

ずっと連絡が取れなかった京谷の母・千春の様子がおかしかったので、心配になり向かったのです。

晶が到着後、京谷も実家にやってきて、家族と父親を病院に入れる準備を進めようとします。

しかし、千春は家で介護する、と必死で抵抗し、晶もそれに加担します。

晶が加勢したことで、京谷たちは病院に入れることを諦めます。

別れ

父親の病院行きを阻止できた晶は、海岸へ。

その後、京谷も来て、二人で話を始めます。

そして、晶はこれまでの思いを語り、別れを告げます。

『獣になれない私たち』7話視聴率

続いて、ドラマ『獣になれない私たち(けもなれ)』7話の視聴率を紹介します。

他の夜9時~11時の間のドラマとの比較表を紹介します。

秋ドラマ視聴率推移7話2

※引用:ビデオリサーチ社(関東圏・世帯・リアルタイム)

※平均視聴率は、単純平均です。

(文字が小さいと思いますので、拡大してみてください)

  • 第1話・・・11.5%
  • 第2話・・・8.5%
  • 第3話・・・8.1%
  • 第4話・・・6.7%
  • 第5話・・・8.3%
  • 第6話・・・10.0%
  • 第7話・・・8.6%

『獣になれない私たち(けもなれ)』7話の視聴率は、8.6%でした。

前週の6話からダウンしてしまいましたね。

6話の勢いをそのままに視聴率アップしていくと思っていたのに残念ですが、前回の

  • 呉羽の告白は京谷との浮気の言い訳になってない
  • 朱里が怖すぎる
  • 京谷の『かわいくない』発言
など、嫌気がさされる部分もありました。

とくに、京谷(田中圭さん)が、自分の言うとおりにならない晶(新垣結衣さん)を『かわいくない』と言ったセリフは、多くの女性を敵に回してしまいましたね^_^;

あくまで登場人物のセリフですが、不快感を感じた人も多かったようです。

それが7話の視聴率低下につながったかもしれませんね…。

ただ、物語は、最終回へ向けて盛り上がっているところ。

ドラマ自体7話もおもしろかったですし、ラスト3話でどれだけ盛り返せるかに注目です♪

スポンサーリンク




『獣になれない私たち』7話の感想

では、続いてドラマ『獣になれない私たち(けもなれ)』7話の感想を紹介します。

『獣になれない私たち』7話の私の感想

まずは、『獣になれない私たち(けもなれ)』7話を見た私の感想を紹介します。

恒星の問題に気づく

『獣になれない私たち(けもなれ)』7話では、恒星(松田龍平さん)が大金を持っているわけを聞いた晶(新垣結衣さん)。

恒星に映画の話だとごまかされましたが、タクラマカン斉藤(松尾貴史さん)と話すことで、晶は恒星が抱えている問題に気づきます。

晶が、恒星の抱えている問題に気づいた、ということは、二人がもっと接近する可能性を示していますよね?

もうドラマも終わりそうな7話で、主人公の距離が縮まるという展開の遅さ(笑)

でも、恒星の作り話から晶が気づくまでの話の流れが自然で、これからの展開に期待が持てる終わりかたでした♪

とうとう別れる!

『獣になれない私たち(けもなれ)』7話で、とうとう晶(新垣結衣さん)と京谷(田中圭さん)が別れることに。

別れのシーンが海辺ってなんだかしゃれたシーン♪

寒くなった時の海は何だか物悲しく見えましたね。

ただ、京谷との別れを7話まで引っ張ってきたんで、ドラマ内で晶は京谷と別れないんだと思ってました。

朱里(黒木華さん)と部屋で話していた時は、もっと自己主張していく、っていう決意をするのかな、と思ってたら、突然の別れ。

いや、話の流れは突然ではないのですが、7話まで引っ張られたのがやっぱり大きいですね。

橘カイジは出ない!?

『獣になれない私たち(けもなれ)』の不思議エピソードの1つ、橘カイジの存在ですが、7話になっても登場しません。

5話のラストで、橘カイジが何ものかはわかりましたが、6話で呉羽(菊池凜子さん)と三郎(一ノ瀬ワタルさん)がパーティに参加しても、その姿が現れることはありませんでした。

7話で、さすがに登場するかと思いきや、呉羽エピソードがワンシーンしかなかったんで、登場するチャンスもありませんでしたね。

『獣になれない私たち(けもなれ)』の不思議ポイント、橘カイジは今後登場するんでしょうか?

スポンサーリンク




『獣になれない私たち』7話のみんなの感想

続いて、『獣になれない私たち(けもなれ)』7話を見たみんなの感想を紹介します。

まとめ

新垣結衣さん・松田龍平さん主演ドラマ『獣になれない私たち(けもなれ)』7話のあらすじ・感想・視聴率を紹介しました。

ドラマ『獣になれない私たち(けもなれ)』7話は、とうとう晶(新垣結衣さん)と京谷(田中圭さん)が分かれてしまいましたね。

ただ、京谷は何も言ってないところを見ると、このまま二人の関係が終わるかどうかはわかりませんが…。

一方、最後に朱里(黒木華さん)が、晶の会社の求人に応募してるシーンが。

かなり期待のモテる次回です。

視聴率は、前回より落ちてしまいましたが、これ以上落ちることはないのでは?

後は、8話に、最終回に向けて盛り上がるネタが仕込まれていたら視聴率10%は固いと思うのですが…。

まだ見てない場合は?

 

『獣になれない私たち(けもなれ)』7話をまだ見てない場合は、1話から一気に無料で見る視聴方法を紹介しますので、そちらを参考にしてみてください♪

 

 

⇒『獣になれない私たち』見逃し動画無料視聴法

 

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です