獣になれない私たち(けもなれ)6話あらすじ感想・視聴率

獣になれない私たち6話感想視聴率

新垣結衣さん・松田隆平さん主演ドラマ『獣になれない私たち(けもなれ)』6話のあらすじ・感想・視聴率を紹介します。

ドラマ『獣になれない私たち(けもなれ)』6話のあらすじ、私の感想、みんなの感想、そして視聴率を紹介しますが、感想があるだけにネタバレな部分も。

まだ見てない場合は注意して下さいね。

まだ見てない場合は?

 

『獣になれない私たち(けもなれ)』6話をまだ見てない場合は、視聴方法を紹介しますので、そちらを参考にしてみてください♪

 

⇒獣になれない私たち(けもなれ)6話動画無料視聴

 

スポンサーリンク




『獣になれない私たち』6話のあらすじ

まずは、ドラマ『獣になれない私たち(けもなれ)』6話のカンタンなあらすじを紹介します。

晶と恒星のキス

晶(新垣結衣さん)は、浮気した京谷(田中圭さん)が許せず、自分のもとに来ようとした姿を見かけ、来させないようにするため、その場にいた恒星(松田龍平さん)にキスをしました。

その姿を目撃した京谷は、晶の思惑通り、来た道を引き返していきます。

ただ、二人のキスを呉羽(菊池凜子さん)と三郎(一ノ瀬ワタルさん)に目撃されていました。

三郎は、騒ぎ立てますが、呉羽はいたって冷静。

むしろ、5tapに入ると楽しげに話し始めます。

さらに、呉羽の結婚相手・橘カイジのパーティに参加しようという話になります。

三郎は参加しますが、恒星は理由をつけて断ります。

後日、三郎からパーティの様子を聞いた恒星。

カイジの人となりが知りたかった恒星ですが、三郎の話では分からずじまい。

しかし、橘カイジと呉羽の結婚は偽装結婚ではないか、とウワサがあることを知ります。

忍び寄る朱里

一方、朱里(黒木華さん)は、出ていった京谷が晶のもとへ行っているのでは、と思い、晶の住所を調べ、家まで訪れます。

ただ、京谷がいないことを知った朱里は、5tapへ入ることに。

そこにいた恒星とタクラマカン斉藤(松尾貴史さん)が橘カイジについて話しており、自分のやっているゲームの製作者だと知っていた朱里は、話に混じりはじめます。

すると、そこに晶が店に入ってきます。

朱里は、顔を見られるとまずいと思いトイレに逃げ込みます。

しかし、なかなか出てこない朱里を心配し晶が様子を見に行くと、朱里は、晶に顔を見られないようにお金も払わず、慌てて店を出てしまいます。

その後、恒星と斉藤の話を聞いた晶は、食い逃げ犯が朱里だと確信し、代わりに代金を支払うことに。

京谷の会社の仕事

ツクモ・クリエイトでは、京谷が働く会社の仕事を受注することに。

そこで、担当同士の親睦会が開かれることに。

京谷の会社からは、京谷・筧(吉村界人さん)・橋爪(山口馬木也さん)が参加。

ツクモクリエイトは、晶・松任谷(伊藤沙莉さん)・上野(犬飼貴丈さん)・九十九(山内圭哉さん)が参加。

親睦会終わりに久々に会った晶と京谷は話をしますが、恒星とのキスを目撃してしまった京谷は、自分が浮気したことを棚に上げ、晶を責めてしまいます。

呉羽の秘密

一次会で帰宅した晶は、その足で呉羽のもとへ。

呉羽のことも許せない晶でしたが、呉羽は自分の秘密を打ち明けます。

呉羽は、少し前に子宮全摘をしていたのでした。

子どもが産めない体になってしまった呉羽でしたが、そのことを恒星に話せない自分に気づき、別れを決め、橘カイジとの結婚を決めたのでした。

ただ、そこには、呉羽のスタッフに偽装結婚のことを調べに来た恒星がおり、陰でその話を聞いていました。

宅配便を盗む朱里

一方、5tapで食い逃げしてしまった朱里は、後日、お金を払いに行こうとしますが、すでに晶が支払ったことを知り、怒りがわいてきます。

その後、晶の家に行き、ちょうど京谷の母・千春から送られてきた荷物を晶のふりをして盗んでしまいます…。

『獣になれない私たち』6話視聴率

続いて、ドラマ『獣になれない私たち(けもなれ)』6話の視聴率を紹介します。

他の夜9時~11時の間のドラマとの比較表を紹介します。

 

※引用:ビデオリサーチ社(関東圏・世帯・リアルタイム)

(文字が小さいと思いますので、拡大してみてください)

  • 第1話・・・11.5%
  • 第2話・・・8.5%
  • 第3話・・・8.1%
  • 第4話・・・6.7%
  • 第5話・・・8.3%
  • 第6話・・・10.0%

『獣になれない私たち(けもなれ)』6話の視聴率は、10.0%でした。

第4話の6.7%は放送時間が日本シリーズで大幅に遅れたせいもあって低すぎましたが、第5話では8.3%に回復。

第6話も8%台と思われましたが、10%台を回復しましたね。

正直、4話までは何がしたいドラマなのかわかりませんでしたが、第5話で、晶(新垣結衣さん)が、京谷(田中圭さん)の元カノと対決。

さらに、京谷の母親の千春(田中美佐子さん)の若かりし頃エピソード、と見どころたくさん。

しかも、ホラードラマのような展開で話題となりました。

視聴率10%台回復は期待の表れでしょうね♪

脚本は、『逃げるは恥だが役に立つ』、『アンナチュラル』の野木亜希子さん。

ここからが、見せ所かもしれませんね♪

スポンサーリンク




『獣になれない私たち』6話の感想

では、続いてドラマ『獣になれない私たち(けもなれ)』6話の感想を紹介します。

『けもなれ』6話の私の感想

まずは、『獣になれない私たち(けもなれ)』6話を見た私の感想を紹介します。

呉羽の過去

『獣になれない私たち(けもなれ)』6話では、呉羽(菊池凜子さん)が恒星(松田龍平さん)と別れた原因がわかりましたね。

病気で子宮全摘出手術を受けたことを恒星に話せなかったことが別れの原因でした。

恒星の性格を知っていただけに、つらかったのかもしれませんね。

何も気にしないサバサバした性格の呉羽の告白は、かなり重かったですね…。

カワイイ九十九

『獣になれない私たち(けもなれ)』6話では、九十九(山内圭哉さん)と京谷(田中圭さん)の会社が取引することに。

もともと晶(新垣結衣さん)も、京谷の上司・橋爪(山口馬木也さん)の紹介で入ったようなもの。

取引すること自体は自然ですが、問題は、橋爪が九十九の大学の先輩だったことですね♪

九十九のひげが人を威圧するってことで、橋爪にムリヤリ剃らされたり、晶に横柄な態度を取っている九十九を、部下を大切にしろ、と怒鳴りつけられたり。

九十九が、橋爪にやりこめられて、小さくなってるシーンは、気持ちよくもあり、何だか九十九がかわいく見えた瞬間でした(笑)

橋爪に説教されて九十九が、やさしくなるかは怪しいですが、九十九が一方的にやり込められるシーンは、見てて爽快でした♪

ホントに偽装結婚ではない?

『獣になれない私たち(けもなれ)』6話では、呉羽が恒星と別れたわけはわかりましたが、呉羽が京谷を誘った理由がイマイチわかりません。

病院で、呉羽がちゃんとできました、って言ったのは、手術後初めての相手が京谷だってことだと思いますが、じゃあ、橘カイジとは関係がなかったのか?

呉羽の告白で、橘カイジとは偽装結婚ではない風な展開でしたが、ちょっと怪しい部分もありますね。

それとも、橘カイジが忙しすぎて会うヒマもなかったってことなのか?

ちょっと疑問が残る展開でした。

スポンサーリンク




『けもなれ』6話のみんなの感想

続いて、『獣になれない私たち(けもなれ)』6話を見たみんなの感想を紹介します。

まとめ

新垣結衣さん・松田龍平さん主演ドラマ『獣になれない私たち(けもなれ)』6話のあらすじ・感想・視聴率を紹介しました。

ドラマ『獣になれない私たち(けもなれ)』6話は、呉羽の衝撃の告白、恒星と別れた理由、朱里の暴走モード、偽装結婚の真実、晶と京谷の決定的な亀裂、と盛りだくさんでした。

ここまで我慢してみた甲斐があります♪

第5話から本格的にドラマがスタートした感じですね。

ただ、それまでも見てないとドラマが生きてこないので、やっぱり1話から見ることをおすすめしますが^_^;

まだ見てない場合は?

 

『獣になれない私たち(けもなれ)』6話をまだ見てない場合は、視聴方法を紹介しますので、そちらを参考にしてみてください♪

 

 

⇒『獣になれない私たち』見逃し動画無料視聴法

 

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です