SUITS/スーツ7話のあらすじ感想・視聴率は頭打ちか!?

スーツ7話感想視聴率

織田裕二さん中島裕翔さん主演ドラマ『SUITS/スーツ』7話のあらすじや感想、視聴率をまとめてみました。

ドラマ『SUITS/スーツ』7話のあらすじのほか、感想もありますので、ネタバレには気をつけて下さい。

また、視聴率もまとめてみましたので、参考にしてみてください♪

見逃した場合は?

 

『SUITS/スーツ』7話を見逃した場合やもう一度見たい、って場合はイイ方法があります。

方法によっては無料で見れますので、参考にしてみてください♪

 

⇒SUITS/スーツ(ドラマ)動画無料視聴方法

 

 

スポンサーリンク




『SUITS/スーツ』7話のあらすじ

まずは、ドラマ『SUITS/スーツ』7話のカンタンなあらすじから紹介しますね。

合併話

甲斐(織田裕二さん)は、『桜庭リゾート&ホテル』の社長・桜庭庸司(高橋洋さん)と会うことに。

桜庭リゾート&ホテルは、この10年で13のホテルを建設し、そのうち4つで星5つの評価を受けることが内定している急成長したリゾート会社だ。

その桜庭に、海外展開する大手ホテルチェーンKJOの社長・ジーン・クライン(クリス・バテンさん)から合併の話が持ちかけられた。

甲斐は、独自の路線で成長する桜庭が、他と合併してもメリットはない、と諭すが、桜庭は合併の方向で心を決めていた。

桜庭の決心が変わらないのを見ると、甲斐は桜庭のため、合併話の代理人を引き受ける。

後日、甲斐は桜庭と会食をするが、その席にKJOの代理人弁護士があいさつに来る、という。

KJOの代理人弁護士は、かつて甲斐が打ち負かした木次谷公一(橋本さとしさん)だった。

木次谷は、法律事務所を移籍し、大手ファームの『弁護士法人セイント』に所属していた。

一方、その頃、大輔(中島裕翔さん)は真琴(新木優子さん)が司法試験合格を目指す手伝いをすることを申し出る。

替え玉受験の影

後日、幸村・上杉法律事務所では、新人弁護士採用面接が行われていた。

その中に、大輔が見覚えのある女性・町田日向子(石橋静河さん)を発見する。

日向子は、かつて大輔が替え玉受験を引き受けた相手だった。

大輔は、日向子が自分の正体をバラされるのでは?と心配するが、甲斐は、替え玉受験した張本人がバラすわけがない、と安心させる。

第1回目の交渉

甲斐は、大輔を連れだってセイントを訪れる。

KJOの担当弁護士が木次谷だと知った甲斐は、木次谷の息子の替え玉受験を知っている大輔を同席させることで交渉を有利に進めようと考えたのだ。

応接室に通された甲斐たちだったが、そこで大輔は、セイントの代表が真琴の父親であることを知る…。

桜庭も同席する中、セイント側は、木次谷に加え、KJOの社長とセイントの代表を務める聖澤敬一郎(竹中直人さん)が出席する。

木次谷はあくまで連絡係だったのだ。

さらに、聖澤から提案された条件は、合併というより乗っ取りに近い条件だった。

交渉は決裂し、甲斐は、そのことをチカ(鈴木保奈美さん)に報告。

チカは、聖澤からの挑戦だ、と受け取り、桜庭に有利になるよう交渉を進めることを命じる。

上杉という存在

チカが、聖澤からの挑戦だと受け取ったのには理由があった。

幸村・上杉法律事務所は、チカと上杉の共同代表事務所だった。

しかし、チカが上杉を追いだしたのだ。

そして、聖澤は上杉の親友だった。

そのことで聖澤は、チカ達をやりこめるために無茶な合併条件を出してきた、と考えたのだ。

真琴と父親

一方、真琴は父親である聖澤敬一郎に会っていた。

聖澤は、自分の事務所で働かないか、と真琴に提案。

もともと親友の上杉がいる事務所だから真琴を幸村・上杉法律事務所に入れたが、上杉がいない今、チカの元に置いておく理由がなくなったからだ。

それでも真琴は今のままで弁護士を目指す、と告げる。

真琴と別れた聖澤は、その足で蟹江(小手伸也さん)と密会する。

蟹江は、木次谷の誘いでセイントに移籍しようと画策していた。

その姿を偶然、真琴は目撃してしまう。

真琴と日向子

その夜、真琴は、日向子と食事することに。

真琴と日向子は一緒に弁護士を目指していた仲のいい友人だった。

その席で日向子は、自分が替え玉受験で合格したことを打ち明ける。

そして、真琴にも替え玉受験の話を持ちかけ、大輔に連絡を入れる。

替え玉受験の連絡を受けた大輔は、思い悩むが…。

KJOの裏情報

そんな中、大輔は、タイにあるKJOホテルでストライキ騒ぎがあり、その裏には、アジア兼統括マネージャーが横領していた事実を探り当てる。

その話を聞いた甲斐は、統括マネージャーの横領はタイだけにとどまらないはずと読み、KJOとの合併交渉を有利に進めようと作戦を練る。

第2回交渉

甲斐は、セイントに2回目の合併交渉に臨む。

横領問題を公にしていないKJOに対して、甲斐は隙をつき合併条件を大幅に桜庭にとって有利に進めることに成功。

お互いの資産状況を提出し合い、甲斐は退席する。

真琴の替え玉受験

一方、その頃、真琴は日向子から提案された替え玉受験をするべく待ち合わせ場所に。

そこに、大輔も現れるが、あくまで職場の同僚として声をかける。

大輔は、真琴が受験を合格するのに足りないのは地震だけだ、とアドバイスを送り、その場は立ち去る…。

敵対的買収

合併交渉を有利に進めた甲斐だったが、なんと桜庭リゾートの株が何者かにより大量に買われだした。

敵対的買収が進められていたのだ。

慌てる甲斐。

セイントの目的は、最初から桜庭リゾートの資産状況を知るのが目的で合併話を持ち掛けていたのだ。

甲斐の秘策

敵対的買収を仕掛けられた甲斐は、桜庭に電話し、あることを確認する。

そして、KJOの社長が止まっているホテルへ甲斐と大輔は突撃する。

KJO社長と聖澤を捕まえた甲斐は、秘策を披露する。

秘策とは、5つ星獲得が内定しているホテル4つをKJOのライバルホテルグループに売却する、という話だ。

桜庭グループの顔となるホテルを売却してはグループとしての資産価値がなくなり、買収に使った資金が無駄になる。

あわてたKJO社長は、合併話に戻すことを提案。

聖澤と対等の合併交渉に入ることになる。

真琴と食事へ

後日、大輔は、真琴にランチに誘われる。

真琴が日向子と食事していた食堂だ。

そこへ、日向子も現れる。

日向子は大輔がいることを知らされておらず、おどろく。

その様子に真琴は、大輔が替え玉受験の相手だったと確信し、立ち去ろうとする。

大輔は、慌てて真琴を追いかけ、隠していたことを謝るが、真琴はそのまま立ち去る…。

『SUITS/スーツ』7話の感想

それでは、次にドラマ『SUITS/スーツ』7話の私の感想とみんなの感想を紹介します。

7話:私の感想

まずは、『SUITS/スーツ』7話を見た私の感想から。

自己中娘と発覚

『SUITS/スーツ』7話では、これまで存在意義がまったくなかった真琴(新木優子さん)が活躍する回でした。

正直、第1話の登場から大輔に冷たい態度は社会人としてどうなの?って思ってました。

ただ、将来弁護士になった時、対等な立場になるから、距離を置いているのかな?ってちょっとひいき目に見てましたが、メインの話となった7話でただの自己中娘だったことが発覚。

司法試験の勉強を教えてもらってるのに先にビールを飲み始める・・・。

父親のことを蟹江が混じってる、なんて文句を言ってましたが、実際の父親(竹中直人さん)は、娘が弁護士である自分に縛られムリに弁護士を目指しているのでは?と心配するいい父親でした。

極めつけは、大輔に勉強を見てもらってるのに、替え玉受験をお願いし、さらに替え玉受験の相手が大輔と知った時、怒って帰ってしまいました。

普通、勉強を教えてもらってる気持ちを裏切って、替え玉受験しようとしたことを謝るべきでは?

これから弁護士になろうとしてるのに正義感や法令順守精神のカケラもありません。

自己中というより、犯罪者精神です。

これがヒロイン!?

メインのヒロインは鈴木保奈美さんかもしれませんが、その裏で進行する中島裕翔さんを中心とするストーリーのヒロインだったはず。

それが、こんな人物だったとは、かなり裏切られた気分です。

もし、救いがあるとすれば、甲斐(織田裕二さん)が警戒する後輩弁護士の畠中美智瑠(山本未來さん)も、実は替え玉受験で合格した弁護士で、甲斐もそのことを知ってて、かわいがってた後輩が裏の道に進み始め、弁護士としてどんな卑怯な手も使う人間に変わっていったのを憂いていた、っていう二重構造の物語なら納得するのですが…。

一人気を吐いている織田裕二さんがかわいそうになってきます…。

オチャメ織田裕二さん

『SUITS/スーツ』7話では、織田裕二さんの怪演が光った回でした♪

大輔(中島裕翔さん)が、替え玉受験した日向子(石橋静河さん)が面接に来たのを発見し、慌てて甲斐に報告する場面。

甲斐が女性の日向子のモノマネをしておチャラけるシーンは、これまでカッコよく決めてた織田裕二さんからぶっ飛んだ演技でした♪

サラッと流されましたが、かなり印象的な演技でした♪

買収劇はおもしろかった

『SUITS/スーツ』7話では、真琴のゲスっぷりが暴露された回でしたが、リゾートホテルグループを巡る買収劇はおもしろかったです♪

無茶な条件の合併を言い出したKJOグループ代理の聖澤(竹中直人さん)。

KJOの弱点を発見し切り返す甲斐(織田裕二さん)。

成功したかに見えて、実はKJOは最初から敵対的買収を狙っていた。

慌てる甲斐が秘策で逆転。

最後に、「顔じゃない」というセリフ返し。

二転三転する展開に最後はスカッとする返しで締めくくり。

メインの内容は楽しめました♪

ただ、織田裕二さん・鈴木保奈美さん・小手伸也さんのオトナバージョン『SUITS/スーツ』はおもしろいのに、なぜか中島裕翔さん・新木優子さん・今田美桜さんの若手バージョンが盛り上がらない…。

大輔が完全記憶力を生かして、蟹江の不得意な分野をアドバイスする展開とかあれば、若手が生きてくると思うんですが…。

さすがに大輔が甲斐にアドバイスすると主役が逆転してしまうので、そこまでは望みませんが…。

7話も終わって残り3話。

最後に活躍を見せてほしいですね。

7話:みんなの感想

それでは、次に『SUITS/スーツ』7話を見たみんなの感想を紹介します。

『SUITS/スーツ』7話視聴率

ここからは、ドラマ『SUITS/スーツ』7話までの視聴率推移を紹介します。

秋ドラマ視聴率推移7話

※引用:ビデオリサーチ社(関東圏・世帯・リアルタイム)

※平均視聴率は単純平均

※文字が小さいんで拡大表示で見て下さい

『SUITS/スーツ』7話の視聴率は、9.8%でした。

10%台には届きませんでしたね。

ただ、ドラマ中盤になると、視聴率を上げるには、口コミと番宣くらいしかありません。

よっぽどオモシロければ口コミで視聴率が上がる期待はありますが、1話完結のドラマでそこまで盛り上がる話を作るのは至難の業。

あとは、ラスト3話(あくまで予想)の第1回目となる第8話がどれくらいの出来か?

1話完結でも、物語時代最終回に流れるつくりにすれば、10%台回復が期待できますが…。

次の8話が勝負ですね。

まとめ

織田裕二さん中島裕翔さん主演ドラマ『SUITS/スーツ』7話のあらすじ感想、視聴率をまとめてみました。

ドラマ『SUITS/スーツ』の7話は、これまで存在が薄かった真琴(新木優子さん)が活躍する回。

活躍と言っても、マイナスの活躍だったような。

ただ、織田裕二さんサイドのメインの話はおもしろかったので、ラスト3話に期待ですね。

見逃した場合は?

 

『SUITS/スーツ』7話を見逃した場合やもう一度見たい、って場合はイイ方法があります。

方法によっては無料で見れますので、参考にしてみてください♪

 

⇒SUITS/スーツ(ドラマ)動画無料視聴方法

 

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です