SUITS/スーツ6話の感想と視聴率比較V字回復したが…

スーツ6話感想視聴率

織田裕二さん中島裕翔さん主演ドラマ『SUITS/スーツ』6話のあらすじや感想、視聴率をまとめてみました。

ドラマ『SUITS/スーツ』6話のあらすじのほか、感想もありますので、ネタバレには気をつけて下さい。

また、視聴率もまとめてみましたので、参考にしてみてください♪

見逃した場合は?

 

『SUITS/スーツ』6話を見逃した場合やもう一度見たい、って場合はイイ方法があります。

方法によっては無料で見れますので、参考にしてみてください♪

 

⇒SUITS/スーツ(ドラマ)動画無料視聴方法

 

 

スポンサーリンク




『SUITS/スーツ』6話のあらすじ

まずは、ドラマ『SUITS/スーツ』6話のあらすじから紹介しますね。

20億円投資詐欺!?

甲斐(織田裕二さん)は、事務所所長のチカ(鈴木保奈美さん)から、日本有数の資産家・内海財団会長の内海真須美(ジュディ・オングさん)を紹介される。

内海は、慈善事業にも投資しているが、轟フィナンシャルと言う会社が手がけていたインドネシア発電所建設計画に投資していた。

その額は20億円。

しかし、建設計画は途中で中断したままになっているため、内海は資金を回収するため、チカに依頼してきたのだ。

チカは、甲斐に、蟹江(小手伸也さん)と手を組み、事案にあたるよう指示する。

資金横領

轟フィナンシャルの問題にあたるため、蟹江は大輔(大貴・中島裕翔さん)に、轟フィナンシャルの資産状況を調べるよう指示する。

しかし、甲斐は、別の案件が入ってきたため、大輔にそちらを当たらせる。

別案件とは、リゾート開発会社『アテナリゾート』社長・藤原一輝(大澄賢也さん)からの依頼だった。

藤原は、自分の大学院に通う娘・華名(佐久間由衣さん)が、勝手に会社に侵入していた、という。

しかも、華名は、会社の口座から1億円にも上る金を引き出していた。

経理部長の死

一方、蟹江は、轟フィナンシャルの経理部長・小堺晴彦(春海四方さん)、弁護士の毛利徹(小松和重さん)、アソシエイト弁護士の米倉和博(宮田佳典さん)と面会していた。

蟹江は、経理部長の小堺が香港に口座を作り、3000万円という金を移動させていることをつかんでいた。

そのことを小堺に厳しく追及する蟹江。

小堺は否定するが、その矢先、急に体調を崩し、そのまま亡くなってしまう。

一方、大輔は、アテナリゾートの社長令嬢・華名に会いに行くことに。

華名が会社の社員証を偽造し、会社の金を移動させたのは、アテナリゾートが環境予測データを隠ぺいしたまま、500人ほどの住民がいる小さな島にホテルを建てたことが許せなかったからだとわかるが…。

 

『SUITS/スーツ』6話の感想

それでは、次にドラマ『SUITS/スーツ』6話の私の感想とみんなの感想を紹介します。

6話:私の感想

まずは、『SUITS/スーツ』6話を見た私の感想から。

ラストがシャレてる♪

『SUITS/スーツ』6話では、大輔(中島裕翔さん)の経歴詐称がバレる事態に。

ライバルのアソシエイトに経歴詐称がバレて、所長のチカ(鈴木保奈美さん)に密告されてしまいました。

案件が解決したラスト、チカに呼び出された甲斐(織田裕二さん)と大輔は、チカがハーバード大のサイトにアクセスして、経歴詐称の証拠を突きつけようとした時、卒業写真が大輔のものと入れ替わっていて助かりましたね。

ピンチって時に、写真を入れ替えてくれたのは、大輔の経歴詐称を見破った華名(佐久間由衣さん)でした。

大輔のピンチを招いたのは華名でしたが、そのピンチを救ったのも華名だった、っていうラストはかっこよかったです♪

話のまとめ方もうまかったですね♪

蟹江が大暴れ♪

『SUITS/スーツ』6話は、蟹江(小手伸也さん)が主役と言ってもイイくらいの大活躍♪

ただ、蟹江らしく、さんざん引っ掻き回してくれましたが(笑)

投資詐欺の案件は、甲斐(織田裕二さん)1人では解決できないと考え、最後には蟹江と協力して、見事に20億円を取り戻しました。

幸村・上杉法律事務所のトップ弁護士同士が組んだら最強ですね♪

最後は、またしても決別してしまいますが(笑)

蟹江のイヤらしさが全開に出ていて、小手伸也さんの魅力を楽しめた回でした♪

イイ話♪

『SUITS/スーツ』6話は、『SUITS/スーツ』には珍しくイイ話でもありましたね。

父親の会社の1億円もの大金を盗んだ華名(佐久間由衣さん)。

父親(大澄賢也さん)は、話を大きくしたくない、と甲斐に相談しましたが、どう考えても、親子ゲンカで済まされる金額じゃありません。

警察に相談したほうがいいのでは?って見てて思うくらいです。

母親が死にそうなときもホテル建設に走り回ってたから、それが気に入らず環境汚染を口実に会社の金を盗むとは、わがままにもほどがあります。

しかし、じつは父親がホテル建設に走り回っていたのは亡くなった母親の夢だった、というオチ。

大輔(中島裕翔さん)が、聞き出したことで見事に親子関係を修復させましたが、イイ話でした♪

最後は、大輔の経歴詐称のフォローもしてくれましたし♪

第6話は、『SUITS/スーツ』らしからぬいい話でした♪

6話:みんなの感想

それでは、次に『SUITS/スーツ』6話を見たみんなの感想を紹介します。

『SUITS/スーツ』6話視聴率

ここからは、ドラマ『SUITS/スーツ』6話までの視聴率推移を紹介します。

秋ドラマ視聴率6話

※引用:ビデオリサーチ社(関東圏・世帯・リアルタイム)

「文字が小さいんで拡大表示で見て下さい^_^;」

『SUITS/スーツ』6話の視聴率は、9.5%でした。

5話の奇跡のV字回復から、下がってしまいましたね。

またしても、視聴率10%台を切ってしまいました。

織田裕二さんの味のいい演技、小手伸也さんのクセのありすぎる演技(笑)、盛りだくさんの話題、とドラマ自体おもしろいんですが、いかんせん、

  • 大輔の完全記憶力が生かされてない
  • 真琴の存在価値の低さ
  • 案件解決がスッキリしない
など物足りない点が…。

大輔(中島裕翔さん)の完全記憶力が生かされてないのは、感想でずっと言ってきたことですが、6話でも、蟹江と数字に強い自慢だけ。

しかも、引き分けてますし。

あと、大輔が必死に口説いている真琴(新木優子さん)の存在価値もこれまでまったくありません。

6話では、案件解決に協力してくれましたが、ようやっと、って感じですし。

ただ、大輔に口説かれてるだけなら、ワザワザ真琴を登場させなくても玉井(中村アンさん)で事足りる話。

まったくの新人が真琴を演じてるならわかりますが、なぜ新木優子さん?

新木優子さんが演じてるだけに、真琴自身の存在意義がわからず、気持ち悪さが漂ってます。

あと、物語として解決が地味な点も視聴率が上がりきらない要因では?

前回の第5話では、大輔(中島裕翔さん)の悪友・遊星(磯村勇斗さん)が金貸しに誘拐されたのに、まさかの見逃し。

すでに警察に通報してて、誘拐犯を一斉に逮捕だったら、スカッとしたのに、なぜそのまま見逃したのか?

原作ありのドラマだけに変更するのが難しい部分もあると思いますが、せっかく5話を見た視聴者も、欲求不満が残る結果なら、第6話で見なくなる人が出るのは当然の話。

ドラマ自体はおもしろいですが、物足りない点がある分、10%台をキープできないのでは?

まとめ

織田裕二さん中島裕翔さん主演ドラマ『SUITS/スーツ』6話のあらすじ感想、視聴率をまとめてみました。

ドラマ『SUITS/スーツ』の6話は、何だかイイ話で終わりましたね。

甲斐が手段を選ばず勝つ弁護士だと言いながら、実はイイ人っていうのがわかったり(笑)

内容的にはおもしろかったです。

ただ、織田裕二さん、小手伸也さん、鈴木保奈美さんの活躍が目立つだけで、中島裕翔さん、新木優子さん、今田美桜さんの存在意義が…。

恋愛展開を望んでるわけじゃありませんが、若手の扱いが雑なような…。

見逃した場合は?

 

『SUITS/スーツ』6話を見逃した場合やもう一度見たい、って場合はイイ方法があります。

方法によっては無料で見れますので、参考にしてみてください♪

 

⇒SUITS/スーツ(ドラマ)動画無料視聴方法

 

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です