SUITS/スーツ4話の感想・視聴率まとめ

スーツ4話感想視聴率

織田裕二さん中島裕翔さん主演ドラマ『SUITS/スーツ』4話のあらすじや感想、視聴率をまとめてみました。

ドラマ『SUITS/スーツ』4話のあらすじのほか、感想もありますので、ネタバレには気をつけて下さい。

また、視聴率もまとめてみましたので、参考にしてみてください♪

見逃した場合は?

 

『SUITS/スーツ』4話を見逃した場合やもう一度見たい、って場合はイイ方法があります。

方法によっては無料で見れますので、参考にしてみてください♪

 

⇒SUITS/スーツ(ドラマ)動画無料視聴方法

 

 

スポンサーリンク




『SUITS(スーツ)』4話のあらすじ

まずは、ドラマ『SUITS/スーツ』4話のあらすじから紹介しますね。

教授退職祝い

甲斐(織田裕二さん)は、東大法学部教授の退職を祝う会に出席していた。

甲斐の目的は、事務所所長の幸村チカ(鈴木保奈美さん)が、製薬ベンチャー企業『ナノファーマ』の社長・辛島悠紀夫(小市慢太郎さん)とデートしているところを偶然目撃してしまったので、『ナノファーマ』の情報を集めようとしていたのだ。

祝う会で、後輩で大手ファームで勤務する畠中美智瑠(山本未來さん)に会い、情報を得ようとするが…。

次の日、甲斐は、チカから『ナノファーマ』の弁護をするよう命令される。

危うい人物と接触していることを警告する甲斐だったが、辛島は地価の元夫だ、という事実を知らされる。

家賃滞納弁護

一方、鈴木大輔(中島裕翔さん)は、蟹江(小手伸也さん)主催で開かれたクイズ大会に出席していた。

持ち前の記憶力を生かし、同じアソシエイトの館山健斗(岩井拳士朗さん)と決勝を戦うことに。

しかし、大輔は、ハーバード大に関する問題に答えられず、敗退してしまう…。

2位になった大輔に、蟹江は商品として、ボランティアの弁護依頼を与える。

大輔が弁護を担当することになったのは、家賃を滞納していて、オーナーから支払催告を受けている春日友加里(生越千晴さん)の弁護だった。

友加里は、マンションの管理が悪かったせいで、飼っていたウサギが死んでしまい、仕事も辞めざるを得なくなったせいだ、と主張し、法廷で争う構えを見せていた。

ナノファーマの案件

チカ(鈴木保奈美さん)から命令され、『ナノファーマ』の弁護をすることになった甲斐(織田裕二さん)。

『ナノファーマ』は、立花理乃(中原果南さん)と共同で開発した難病の治療薬『レミゼノール』を販売したが、その薬の副作用のせいで、肝機能障害を引き起こした、と8名の被害者から訴えられていた。

甲斐は、被害者側の弁護士・福原太一(渡辺憲吉さん)と話し合い、『ナノファーマ』側が見舞金を支払うことで和解する案を提案するが…。

 

『SUITS(スーツ)』4話の感想

それでは、次にドラマ『SUITS/スーツ』4話の私の感想とみんなの感想を紹介します。

個人的感想

まずは、『SUITS/スーツ』4話を見た私の感想から。

ようやく設定が生きてきた!

これまでの『SUITS/スーツ』では、完全記憶力を持つという大輔(中島裕翔さん)の設定がありましたが、まったく登場しませんでしたね。

3話では、登場したものの、記憶力を生かして時計会社の情報を覚えてスピーチを書くと思いきや、苦手だと言ってパラリーガルの真琴(新木優子さん)が書いてましたし。

じゃあ、完全記憶力いらないじゃん、って感じでしたが、第4話では、完全記憶力を生かし、法廷に登場。

けっきょく、記憶力を生かして治験データを覚えたまではよかったですが、問題は治験データが抜けてたことで、相手弁護士に突っ込まれましたね。

抜けてたデータがあるのを見落としたのは、弁護士・大輔の未熟な点ですが、記憶力を生かして法廷に立った、っていうのが重要ですね。

今後、弁護士として成長して記憶力も生かす、ってストーリーが楽しみになる第4話でもありました♪

バレるのは時間の問題?

『SUITS/スーツ』第4話では、法律事務所のイベントとしてクイズ大会が開かれていました。

大輔(中島裕翔さん)も記憶力を生かし、決勝まで残りましたが、ハーバード大あるある問題でまさかの失敗。

蟹江(小手伸也さん)にひょっとしてなんちゃってでは?と疑われていましたね。

第4話では、事なきを得ましたが、今後、大輔の経歴詐称が問題になってくる可能性もありますね。

もしバレたら、弁護士として活動できなくなりますが、はたして?

大輔の経歴詐称がバレる可能性がある伏線ですね♪

バレた時、大輔と甲斐はどうするか、今後の楽しみです♪

恋の三角関係?

『SUITS/スーツ』4話では、とうとう大輔(中島裕翔さん)と砂里(今田美桜さん)と真琴(新木優子さん)の三人がそろって同じところに。

大輔は気づきませんが、砂里と真琴の恋の火花が散ったような(笑)

『SUITS/スーツ』の本筋とは全く関係ない恋愛模様ですが、今後どうなるのか、こちらも気になりますね♪

みんなの感想

それでは、次に『SUITS/スーツ』4話を見たみんなの感想を紹介します。

 

『SUITS/スーツ』4話視聴率

ここからは、ドラマ『SUITS/スーツ』4話までの視聴率推移を紹介します。

秋ドラマ視聴率推移4話

※引用:ビデオリサーチ社(関東圏・世帯・リアルタイム)

「文字が小さいんで拡大表示で見て下さい^_^;」

『SUITS/スーツ』4話の視聴率は、8.9%でした。

1話からキープしていた視聴率10%台を切ってしまいましたね…。

4話はオモシロかったんですが、いかんせん、中島裕翔さんの活躍が遅すぎたのかもしれません。

視聴率は一度落とすと、上げるのが大変な分、いきなりの8%台は痛いか?

とはいえ、ここから盛り返す可能性も十分なドラマだけに今後が注目ですね♪

視聴率下落の戦犯は?

『SUITS/スーツ』4話で、とうとう視聴率10%台を切ってしまいましたが、先般は誰か、って盛り上がってますね。

そこで、私も参加して、私なりの原因を考えてみたいと思います。

4話で下落、と言っても、問題は4話にあるんじゃなくて、その前までの回ですよね?

ということで、3話までを中心に考えてみます。

キャラ設定があいまい

『SUITS/スーツ』の主人公は、甲斐正午(織田裕二さん)。

甲斐は手段を選ばず勝利する弁護士、という設定ですが、手段を選ばず勝利、というより、正攻法で裁判に勝ってます。

3話では、顧問弁護士をしていた会社の亡くなった社長のために、社長交代を進めようとする情に厚い面もあって、キャラ設定を生かし切れてないストーリーがこれまで進んできました。

さらに、何度も言いますが、大輔(中島裕翔さん)は、完全記憶力を持ってるのに、なんの活躍の場もありません。

活躍の兆しが見えたのが、ようやく4話ですから。

口説き文句が上っ面

中島裕翔さん演じる大輔は、幸村・上杉法律事務所に来た途端、パラリーガルの真琴(新木優子さん)を口説きにかかります。

アメリカ人なら、軽いあいさつみたいな口説きとして理解できるんですが、日本人がやると軽薄、っていうか、セリフ自体が上っ面でまったく感情移入できません。

それでいて、真琴が実はその気になってた、っていう展開を見せられても、まったく心情が理解できません。

2話が無駄だった

『SUITS/スーツ』4話の視聴率下落の原因は、3話までにあると思いますが、一番の原因は2話じゃないでしょうか?

これまで、原因として語ったすべての悪いところが2話に詰まってます。

キャラ設定を生かし切れてない勝利を描かれても、って感じです。

しかも、物語としても、セクハラ被害者の1人を感情を無視して証言利用して独善的に解決させたり。

おまけに、原告被害者の訴えを解決してないのに、解決した風で終わりましたし。

さらに、一番悪いセクハラした張本人の病院長は野放しに終わりましたし。

2話を抜きに3話を放送してれば、もう少し違う結果になったのでは?と思います。

とはいえ

ここまで『SUITS/スーツ』4話の視聴率が下落した原因を考えてみましたが、とはいえ、4話を見る限り今後は期待できそうです。

織田裕二さんの小気味良い演技もさすがですし、中島裕翔さんとのコンビも慣れてきた感じ。

モタモタして全然進んでなかった大輔・真琴・砂里の三角関係も進んでいきそうですし♪

3話までは作り込が甘いところがありましたが、今後に期待です♪

まとめ

織田裕二さん中島裕翔さん主演ドラマ『SUITS/スーツ』4話のあらすじ感想、視聴率をまとめてみました。

ドラマ『SUITS/スーツ』の4話は、ようやく中島裕翔さん演じる大輔が法廷に立ちましたね。

活躍とは程遠いですが、完全記憶力を持つ設定が生きてきました。

ここからおもしろくなるかもしれませんね♪

 

見逃した場合は?

 

『SUITS/スーツ』4話を見逃した場合やもう一度見たい、って場合はイイ方法があります。

方法によっては無料で見れますので、参考にしてみてください♪

 

⇒SUITS/スーツ(ドラマ)動画無料視聴方法

 

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です