SUITS/スーツ3話の感想・視聴率まとめ

スーツ3話感想視聴率

織田裕二さん中島裕翔さん主演ドラマ『SUITS/スーツ』3話のあらすじや感想、視聴率をまとめてみました。

ドラマ『SUITS/スーツ』3話のあらすじのほか、感想もありますので、ネタバレには気をつけて下さい。

また、視聴率もまとめてみましたので、参考にしてみてください♪

見逃した場合は?

 

『SUITS/スーツ』3話を見逃した場合やもう一度見たい、って場合はイイ方法があります。

方法によっては無料で見れますので、参考にしてみてください♪

 

⇒SUITS/スーツ(ドラマ)動画無料視聴方法

 

 

スポンサーリンク




『SUITS(スーツ)』3話のあらすじ

まずは、ドラマ『SUITS/スーツ』3話のあらすじから紹介しますね。

蟹江との外出

大輔(中島裕翔さん)は甲斐(織田裕二さん)のクライアントの元に一緒に行きたいと思っているが、必要ないと断られる。

大輔は同行だけじゃなく、会議に参加することさえ許してもらえない。

パラリーガルの真琴(新木優子さん)に仕事がしたいと愚痴をこぼしていると、それを聞きつけた蟹江(小手伸也さん)は、大輔を外に連れて行く。

老舗時計メーカー・KAMIYA

社長の加宮忠が急死した老舗の時計メーカー・KAMIYAを甲斐(織田裕二さん)は、訪ねる。

葬儀のことで揉めていた加宮忠の娘・静佳(東風万智子さん)と取締役の安樂孝志(久松信美さん)。

死に立ち会ったという古株の工場長岡林達樹(きたろうさん)も不機嫌な様子。

BPM社CEO・藤ヶ谷

同じ頃に蟹江(小手伸也さん)に総合格闘技の道場に連れて行かれた大輔(中島裕翔さん)は、なぜかスパークリングの相手をしていた。

そこにの道場には、世界的なゲームメーカBPMでCEO兼チーフクリエーター・藤ヶ谷樹(柳俊太郎さん)がやってくるようで、蟹江はハーバード大学で藤ヶ谷と同期だった大輔を利用し、自分自身を売り込みたいと企んでいた。

嘘がバレたら困ると思った大輔だったが、藤ヶ谷はハーバード大学に入学してすぐ、ゲームが売れ始め忙しさのあまり、授業に出れなくなったということを知り、安心する大輔。

過去にBPM社のゲームで世界ランキング入りした大輔は、藤ヶ谷と意気投合する。

社長候補探し

甲斐(織田裕二さん)が調査を続ける中で、取締役の安樂孝志(久松信美さん)たちが社長が亡くなる前から東南アジアに生産拠点を移そうと秘密裏に進めていたことが発覚する。

取締役会で安樂が新社長に任命されるのを防ぐため、甲斐は社長候補者を他に見つけようと動き出す。

『SUITS(スーツ)』3話の感想

それでは、次にドラマ『SUITS/スーツ』3話の私の感想とみんなの感想を紹介します。

個人的感想

まずは、『SUITS/スーツ』3話を見た私の感想から。

あいかわらず設定無視?

『SUITS/スーツ』は、弁護士ドラマですが、中島裕翔さん演じる鈴木大貴(大輔)が驚異的な記憶力を持っているのが、大きな特徴。

1話では、その驚異的な記憶力を見せつけましたが、2話では、弁護士活動をしただけで記憶力は全く生かせず。

3話では、かろうじて、『KAMIYA』の社長交代劇を手助けするために、会社資料すべてに目を通して丸暗記しましたが、弁護に役立つというよりスピーチのためでした。

しかも、スピーチに役立つならまだしも、けっきょくスピーチを考えたのはパラリーガルの真琴(新木優子さん)。

まったく役に立ってないやん!!

って感じです…。

最大の売りを無視するストーリー展開。

ドラマとして、かなり破綻してますが、大丈夫でしょうか?

とはいえおもしろい♪

『SUITS/スーツ』は、大輔(中島裕翔さん)の驚異的な記憶力、と言う設定を無視してストーリーが進んでますが、第3話は、それでもおもしろかったです♪

矛盾しますが(笑)

裁判で勝てれば、それだけでいい、と考えてるような甲斐(織田裕二さん)が、KAMIYAの亡くなった社長の意思を尊重して、改革派の社長を引きずり男労総とするのか?

そして、失敗した時の逆転劇なんか、見応えがありました♪

大輔(中島裕翔さん)の記憶力が生かされてない、っていうことはただの弁護士ドラマに成り下がっていることを意味するので、べた褒めはできませんが、ストーリーはオモシロかったです♪

甲斐はイイ人?

『SUITS/スーツ』3話では、KAMIYAの亡き社長の遺志を継いで、甲斐(織田裕二さん)が改革派の社長を卸そうとしますが、その理由が、亡き社長との約束だった、っていうんですから、甲斐も人情というものがあったんですね♪

普段は、冷酷に見える甲斐ですが、けっこうイイ奴なのでは?と思いました♪

まあ、人生崖っぷちの大貴(中島裕翔さん)を、弁護士資格を偽装してまで救い出してやろうとする自体、かなりイイ人ですが(笑)

おまけに、会議に呼ばれてないのに、勝手に行った大輔に対して、来ないつもりだったのか、と言うセリフ。

なんか愛を感じましたね♪

かなりスパルタですが(笑)

2話は、正直ひどい内容だな、と思いましたが、3話はぐっとオモシロくなりました♪

みんなの感想

それでは、次に『SUITS/スーツ』3話を見たみんなの感想を紹介します。

『SUITS/スーツ』3話視聴率

ここからは、ドラマ『SUITS/スーツ』3話までの視聴率推移を紹介します。

秋ドラマ視聴率推移3話

※引用:ビデオリサーチ社(関東圏・世帯・リアルタイム)

「文字が小さいんで拡大表示で見て下さい^_^;」

『SUITS/スーツ』3話の視聴率は、10.3%でした。

1話から徐々に下がってますが、もともと最近人気が落ちていた『月9』枠。

10%台を維持しているだけでも検討している方ですね。

このまま10%台をキープできるかどうかも注目ですね。

まとめ

織田裕二さん中島裕翔さん主演ドラマ『SUITS/スーツ』3話のあらすじ感想、視聴率をまとめてみました。

ドラマ『SUITS/スーツ』の3話は、まだまだドラマとして判断できませんが、物語はオモシロくなってきました。

ここからの巻き返しを期待したいですね♪

 

見逃した場合は?

 

『SUITS/スーツ』3話を見逃した場合やもう一度見たい、って場合はイイ方法があります。

方法によっては無料で見れますので、参考にしてみてください♪

 

⇒SUITS/スーツ(ドラマ)動画無料視聴方法

 

 

スポンサーリンク




 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です