いつかこの雨がやむ日まで最終回(いつ雨)犯人は誰?(ネタバレ注意)

いつかこの雨がやむ日まで最終回予想

渡辺麻友さん主演ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで(いつ雨)』最終回で犯人は誰か?を予想してみたいと思います。

ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで(いつ雨)』ももう最終回。

犯人が誰なのか気になるところですよね?

私も気になるところなので、犯人は誰か、情報を整理して推理したいと思います。

よかったら、参考にしてみてください♪

 

スポンサーリンク




『いつかこの雨がやむ日まで』最終回の犯人は?

それでは、ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで』最終回で明らかになる犯人は誰か?予想していきたいと思います。

容疑者一覧

まずは、『いつかこの雨がやむ日まで(いつ雨)』の容疑者をまとめてみます。

まとめるのは、15年前の麻美殺害事件の犯人。

そして、犯行動機というか、犯人の可能性をまとめてみます。

北園ひかり(渡辺麻友さん)26歳

15年前の事件では11歳。

20歳前後の女性・麻美を殺すのは可能性として低い。

ただ、舞子殺害、照明落下事故では!?

谷川和也(堀井新太さん)27歳

15年前の事件の目撃者。

12歳だった少年・和也の可能性は低い。

しかも、和也が犯人の場合、物語が破たんするし…。

天竺要(吹越満さん)51歳

容疑者として可能性の高い天竺。

当時36歳で、麻美の姉・千尋の証言では麻美は天竺の子供を妊娠していたというが。

すべてを捨てきれなかった、という言葉と自殺で可能性は低く!?

三上沙耶(筧美和子さん)26歳

狂気の嫉妬を見せる沙耶だが、15年前は11歳。

やはり犯行の可能性は低め。

天竺芽衣(宮澤エマさん)29歳

天竺要の娘・芽以。

15年前は14歳。

犯行が可能な年齢であり、ひかりがいなければ舞子の代役になっていた可能性が。

矢吹千尋(星野真里さん)40歳

15年前に死んだ麻美の姉・千尋。

麻美を嫌っていたことから容疑者の最有力。

おまけに國彦への愛からか、國彦を階段から突き落とす暴挙に。

さらに15年前には、天竺のアリバイを証言した事実も。

森村國彦(桐山漣さん)35歳

恋人・麻美を殺害した罪で15年間服役していた。

自分は無実だと訴えているが…。

じつはやっぱり殺人犯だった可能性も。

剛田仁志(木村祐一さん)59歳

15年前の事件を担当した刑事。

剛田が犯人でも物語が破たんしてしまうが、実は犯人の可能性も。

北園由布子(斉藤由貴さん)55歳

ひかりと國彦の母だが、息子を溺愛している面も。

だとすると、無実の息子を15年間も刑務所に入れていたことになるが…。

矢吹洋一(京本正樹さん)

麻美と千尋の父で政治家。

15年前の事件で和也の目撃証言を改ざんしようとした人物。

剛田は、千尋が麻美を殺し、その隠蔽で國彦を犯人に仕立てた、と思っているが…。

矢吹が犯人だとすると、実の娘を殺したことになるが…。

キャバクラの店長(斉藤慎二さん)

ひかりが働くキャバクラの店長。

もし15年前の事件の犯人ならかなりなダークホースだが…。

そもそもキャバクラの店長が犯人だった場合は、ドラマ自体にガックリだが…。

谷川幸一郎(間慎太郎さん)

和也の義理の兄。

麻美をストーカーしていた事実が。

ただ、店の金を使い込み、失踪中。

その他の容疑者

その他の容疑者は、犯人だったら2時間サスペンスドラマか!って怒りを覚える人物なので、推理からも除外です(笑)

  • 谷川純一(橋爪淳さん・和也の父親)
  • 谷川薫子(谷川清美さん・和也の母親)
  • 竹島雄二(ミスターチンさん・副料理長)

『いつかこの雨がやむ日まで』最終回で判明するであろう15年前の事件の容疑者一覧をまとめてみました。

この中でホントに犯人の可能性があるのは、

  • 天竺要
  • 天竺芽衣
  • 千尋
  • 由布子
くらいですか…。

 

スポンサーリンク




個人的推理

それでは、『いつかこの雨がやむ日まで』最終回で明らかになる15年前の真犯人の私の推理を。

ズバリ!!犯人は…

 

 

麻美(三倉茉奈さん)

と予想しました。

「えっ!?殺されたのが麻美では?」

って思いますよね。

でも、本当は自殺だったのでは?と推理してみました。

犯人の理由

天才ミュージカル女優の麻美は、ジュリエット役にのめり込みながらも、恋人・國彦の子供を妊娠してしまい、鬼指導の天竺からすべてを捨てろ、と言われていたことから、演技に集中できない自分を捨てるため、自殺してしまった、と考えます。

どうでしょう?

ちょっと説得力にかけますが…。

外れた場合のため、もう一人犯人を。

次候補

ここでもう一人、外れた時のためにもう一人候補を挙げさせてください^_^;

もう1人の真犯人候補は…

 

天竺芽衣(宮澤エマさん)

です。

理由は、演技指導を通じて麻美と不倫関係になってしまった天竺要。

自分の父親を取り返すため、14歳の芽衣は麻美を殺してしまいます。

そして、15年後、今度は父親・要が劇団員の舞子と不倫関係になったことに気づきます。

そして、舞子も事故に見せかけて殺してしまった、と。

最後に父親の上に照明を落として殺そうとしたけど、殺しきれず、自分を犠牲にしてかばった、と。

どうでしょう?

何だか、この推理も火サスっぽいですが(笑)

みんなの推理

『いつかこの雨がやむ日まで(いつ雨)』では、公式ツイッターでも犯人予想を募集してますね♪

話数が進んでくると、犯人予想も変わってきますね♪

はたしてみんなの予想が当たるか♪

犯人の希望

ここまで『いつかこの雨がやむ日まで』で起きた15年前の事件の真犯人を推理してみましたが、真犯人は、

麻美の自殺

と予想してみました。

次候補は、

天竺芽衣

ただ、どちらもおもしろみにかけるような。

おもしろそうな真犯人は、

  • 北園ひかり(渡辺麻友さん)
  • 北園由布子(斉藤由貴さん)
のどちらかですね♪

ひかりが犯人の場合、実は多重人格だった!っていうどこかで見たばかりのドラマのようなラストですが(笑)

もう1人は、母親・由布子が犯人の場合ですね。

一見弱そうな母親ですが、実は狂気を秘めていた、なんてラストはオモシロそうです♪

さて、ホントの真犯人は誰なのか?

最終回が楽しみですね♪

 

見逃した場合は

最終回を見逃した場合は、無料で見る方法があります。

くわしい内容は、下のページを参考にしてみてください♪

⇒いつかこの雨がやむ日まで(いつ雨)動画10話(最終回)無料視聴

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です